スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月公開映画グランプリ

【更新情報2010/3/9】
皆川ちかさん「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に投票。第5位に。


1位 (500)日のサマー (7票)
http://movies.foxjapan.com/500daysofsummer/ 2010/1/9公開
宮崎祐治(イラストレーター) 高崎俊夫(編集者) 永島浩(映画案内人) 宮城正樹(映画&音楽分析・評論家) 馬場英美(ライター、エディター) まつかわゆま(シネマアナリスト) 高村英次(映画ライター)
選評はこちら

2位 おとうと (4票)
http://www.ototo-movie.jp/ 2010/1/30公開
野村正昭(映画評論家) 馬場英美(ライター、エディター) 宮城正樹(映画&音楽分析・評論家) 増當竜也(映画文筆)
選評はこちら

3位 Dr.パルナサスの鏡 (3票)
http://www.parnassus.jp/ 2010/1/23公開
田中千世子(映画評論家・映画監督) 宮城正樹(映画&音楽分析・評論家) まつかわゆま(シネマアナリスト)
選評はこちら

3位 フローズン・リバー (3票)
http://www.astaire.co.jp/frozenriver/ 2010/1/30公開
宮崎祐治(イラストレーター) 永島浩(映画案内人) まつかわゆま(シネマアナリスト)
選評はこちら

5位 キャピタリズム マネーは踊る (2票)
http://capitalism.jp/ 2010/1/9公開
野村正昭(映画評論家) 高村英次(映画ライター)
選評はこちら

5位 かいじゅうたちのいるところ (2票)
http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/  2010/1/15公開
まつかわゆま(シネマアナリスト) 安藤智恵子(ライター)
選評はこちら

5位 今度は愛妻家 (2票)
http://www.kondoha-aisaika.com 2010/1/16公開
宮城正樹(映画&音楽分析・評論家) 増當竜也(映画文筆)
選評はこちら

5位 ボーイズ・オン・ザ・ラン (2票)
http://www.botr.jp/ 2010/1/30公開
皆川ちか(ライター) 塩田時敏(映画評論家)
選評はこちら

※1票獲得

これで、いーのかしら。(井の頭) 怒る西行
http://d.hatena.ne.jp/okoru_saigyou/ 2009/1/3公開
加藤久徳(映画ライター)
選評はこちら

●シャネル&ストラヴィンスキー
http://chanel-movie.com/  2010/1/16公開
宮崎祐治(イラストレーター)
選評はこちら

●ミレニアム ドラゴンタトゥの女
http://millennium.gaga.ne.jp/ 2010/1/16公開
まつかわゆま(シネマアナリスト)
選評はこちら

●サロゲート
http://www.movies.co.jp/surrogate/ 2010/1/22公開
増當竜也(映画文筆)
選評はこちら

●オーシャンズ
http://oceans.gaga.ne.jp/ 2010/1/22公開
まつかわゆま(シネマアナリスト)
選評はこちら

●パーフェクト・ゲッタウェイ
http://www.perfect-getaway.jp/ 2010/1/23公開
高村英次(映画ライター)
選評はこちら

●ユキとニナ
http://www.bitters.co.jp/yukinina 2010/1/23公開
宮城正樹(映画・音楽・小説分析評論家)
選評はこちら

●ジャック・ロジエのヴァカンス
http://www.rozier.jp/ 20101/23公開
山田宏一(映画評論家)
選評はこちら

●オルエットの方へ
http://www.rozier.jp/ ジャック・ロジエのヴァカンス(2010/1/23公開)にて上映
高崎俊夫(編集者)
選評はこちら

●イエローキッド
http://www.yellow-kid.jp/ 2010/1/30公開
皆川ちか(ライター)
選評はこちら

●パラノーマル・アクティビティ
http://www.paranormal-activity.jp/ 2010/1/30公開
皆川ちか(ライター)
選評はこちら

●だれのものでもないチェレ
http://www.pioniwa.com/waiting/cele.html 2010/1/30公開
渡部実(映画評論家)
選評はこちら
スポンサーサイト
プロフィール

れがある

Author:れがある
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。